長岡花火

前の記事の続きです。

  

無事に長岡に到着してみんなと合流。ここで初めて会う人もいて、

   

 
朝からテンション高い自称バナナ教教祖。長岡駅前で踊ったり叫んだり。こんな面白い人物には滅多に出会えないでしょう。出会えて良かった!(バナナ教には入信してません)
  

まだ朝の5時台にもかかわらず、もう場所取りのため並んでる人が!地元民は花火見るための気合いがすごい!

花火まで時間があったのでみんなを海に連れて行ってから、夕方くらいに花火会場に来ると、
  

河川敷にものすごい人!人!人!
実は、長岡花火を間近で見るのは初めてでこんなにたくさんの人が集まっているなんて知りませんでした。車もものすごい数!
当然いい場所はもう無いだろうなと思っていたのですが、

  

3階建ての建物の屋上で見ることができました。心優しい院長先生、本当にありがとうございました!

そしていよいよ花火。

   
   

圧巻の一言。画像でも動画でもこの感動は伝えられません。仕事休んでも見に行く価値があります。皆様、来年の夏は長岡にお越しくださいm(_ _)m

いや〜最高の花火だった♪( ´▽`)さて、帰ろ。

地球君『実は他にも長岡花火来てるメンバーいるんですよね。』
自分『あ、そなの?何人くらい?』

地球君『あと6人くらい。』

自分『ってことは10人?』
地球君『はい。』

自分『みんなどこに泊まるか決まってるの?』

地球君『いや決まってないです。最悪野宿とか、、』
自分『・・・(野宿??)』

今回集まったメンバーは長岡花火を見たいという一心で集まったメンバーです。『長岡花火行きたい人〜?』→『わぁ〜✨行く行く〜♪( ´▽`)』みたいなノリで来ている訳です。

彼らはたぶん全国の学生の中でも相当行動力のある、グループの中ではリーダーシップを取るようなメンバーばかりだと思います。一つの目標を決めるとそれに向かって凄まじいほどの集中力と行動力を発揮するタイプの人間が集まっています。

故に、花火を見終わったあとどこに泊まるとかは考えて無い!最悪野宿でも全然大丈夫!

基本、自然が好きだったり生命力が高いのもあると思うのですが、この時の自分の心境としては、

『こいつらマジで常識通用しねぇ!!!』



天才とはこういうものなのでしょうか?自分が10年培った社会人としての常識が粉砕された瞬間でした。

非常に高いレベルのバイタリティーを持つ集団。その常識外れのバイタリティー故に、ちょっとの計画性の無さが愛おしく思えるような存在。なんでやるのかを考える前に、自分はそれがやりたいからやるんだ!という思考回路なんだと思います。

そんな彼らを本当に心からリスペクトします。できれば同じ世代でありたかった。

ということで、

  
 
大学生10人が実家に泊まる事に。

花火会場から実家まで車で30分。車のキャパ5人。渋滞。時間。どこで飯食うか。など考慮する要素は多かったのですが、なんとか10人を無事に家に連れて来る事ができました。

時刻は午後11時半。

ここから計画には無い、大学生10人の田舎体験が始まります。

続きは別記事にて。

アメブロ、Twitter、Instagramもやってますのでフォローしてください♪( ´▽`)

ブログ→http://s.ameblo.jp/742945?frm_id=v.jpameblo

Twitter→https://mobile.twitter.com/makoto742838

Instagram→https://instagram.com/makopy1018/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です