完全招待制の虫フレンチ企画に行ってきた

なんかすごい会に招待されました。

 
 
  

これ何の会かって言うと、虫を使ったフレンチを食べる会です。
 

 

 えーっと、、、、
 

 

 

 

 

 
そんな会聞いたことないです!wwwww


 

 

 


 

 最近、虫関連の記事しか書いてないけど大丈夫か俺?美容師のイメージ崩れないか?お客さんにも虫の話してて引かれてないのかな??
 

 

という想いも無いわけではないですが、行きました。日本初、もしかしたら世界初の試みですので。
 

 

   
   

 

初めてブログを見る人もいると思うので一応断っておきますが、結構マジでやってる企画です。
 

 

 

完全招待制という事で、自分なんかを招待して頂いて恐縮です。参加されている皆さんはとても個性的で面白くてすごい人ばかり!普通に生活してたら会えないような人との出会いって価値あるなーって思います。
 

 

 

 

ちゃんとしたコース料理になっててこの会に対する気合いを感じました。未知への挑戦っていいですね。『自分は食べに来てるんじゃない。感じに来てるんだ!』と、松岡修造に言われているイメージで、これから出される料理に対する心構えを整えました。

 
  アミューズの『キャベツのムース  コオロギ&チップス』

さすが前代未聞の企画。初っ端から遠慮なくコオロギ出てきます。

ムースの下の段がコオロギソース。チップスの中にコオロギの素揚げが隠れています。見た目では虫使ってるってわからない。

コオロギとチップスのWサクサク感がこれから出てくる料理への期待度を増してくれます。
 

 

  

前菜の『フランダードのタルトと赤アリのサラダ』
 

赤アリはタイの食用のものを仕入れているそう。これはそこらへんのレストランで出てくるサラダよりも全然うまかった。見た目も綺麗で目でも楽しませてくれます。左の黒いのは竹墨を使ったタルト。その上のやつは何だかわからなかったけど、口当たりが柔らかくほんのり塩気があって下のタルトとの相性抜群でした。

 

メインの『アグー豚のロディ  コオロギソースリゾット添え』

ロディっていう料理を初めて口にしました。焼いたやつは何でもロディって言うのかな?誰かをデートに誘う時は『ロディ食べに行かない?』っていうとおしゃれっぽいかもしれませんね。虫もソースになってると普通に出されても正直全然わからないです。小っちゃいキャベツみたいなものの中にミルワームも入ってるらしい。

粉みたいなのはコオロギの粉末で、一時虫フレンチを食べに来ているのを忘れそうになっていた自分に『今日は虫料理を食べに来ているんだ』と再確認させてくれる、程よいコオロギ風味を味わえます。
 
アグー豚うまし。アグ〜 
 
最後にデザートが出たのですが、写真を撮るのを忘れました。すみません。
 

 
 
みんなどこかしらに虫使った料理ですが見た目からはわからないですよね?普通においしいフレンチ。フレンチとフランス料理ってなんか意味合い違うんでしょうか?響きがかっこいいのでフレンチって言っときます。

 

 

 
  

 

 

今回の参加者の皆さん。出会えた事に感謝です。全員とお話しできなかったのが残念。
 

 

 シェフの方曰く、時代の最先端は昆虫食なのだとか。これからも昆虫食の可能性が広がっていく事でしょう。
 

 関係者の皆様、企画・準備・片付けまでお疲れさまでした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です